上大岡駅すぐのカミオ4F
クリニック電話
クリニック: 045-882-0810
ベアルーム電話
ベアルーム: 045-842-0420
予約について

ベアルームをご利用の方へ

初めてご利用の方へ

ベアルームでは、保育士・看護師が保育看護をしております。1日2回の小児科専門医による回診があります。このページ内で利用方法の詳細をご説明させて頂きますので、お手数ですがご一読ください。

※未登録で翌日利用希望の方は、事前にお電話でご相談の上、前日(月曜日利用したい場合は金曜日)の17:30までにご登録して下さい。その後、改めてご予約の連絡が必要です。

利用基準について

ベアルームは横浜市委託の病児保育室です。次のような方がご利用できます。

生後6ヶ月から小学校3年生までのお子様が、病気中または病気の回復期で、保護者の就労・冠婚葬祭などの理由により保育できない時に、
かつ、お子様の主治医(かかりつけ医)が病児保育室の利用が適切であると判断することが必要です。
ただし、麻疹・風疹と流行性角結膜炎の場合はご利用できません。

また服薬や坐薬挿入などをのぞき、吸入や吸引・点滴などの治療行為は行いません。緊急時に限り、併設の上大岡こどもクリニックで診療・治療を行います。
※主治医(かかりつけ医)については、「第4号様式」に関して を参照。

利用料金・保育時間について

  • 利用料金は1日 2,000円です。
  • 保育時間は月曜日から金曜日の8:30~18:00までです。
  • 木曜日を除き、18:00~18:30に延長保育を実施しています。延長保育はお一人につき1回500円を別途いただきます。18:20までにはお迎えをお願いしています。
  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始・併設クリニック休診日(夏季を中心に年に数日)・カミオ休館日は、お預かりできません。
  • 生活保護・市民非課税などの対象の方は、生活保護証明書・市民税非課税証明書の原本をお持ち頂ければ、減額になります。

利用手順について

利用手順1:事前登録の申し込みをする

  • 登録されていない方の利用予約は受付できません。
  1. 登録用紙を記入してください。登録用紙は横浜市病児保育事業利用登録票「第3号様式」です。
  2. 「第3号様式」を下記の連絡先へ郵送・FAX・メールのいずれかの方法でお送り下さい。その後登録受付完了の通知とご利用案内を郵送いたします。

病児保育事業利用登録票「第3号様式」のダウンロードはこちらからでも出来ます。ダウンロードできない場合にはメールかお電話下さい。

ダウンロード:横浜市病児保育事業ページ

連絡先
郵送の場合:〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-15-1 カミオ405-1「病児保育室ベアルーム」まで。
FAXの場合:045-844-2033(FAX専用)
メールの場合:
電話番号:045-842-0420

利用手順2:利用予約をする

  • 事前登録をしていても、実際のご利用は、予約がなければお預かりできません。
  • 主治医(かかりつけ医)を受診し、「第4号様式」の記入を依頼する。
  • 電話での申し込みは、保育時間内(8:00~18:00)にお願いします。
  • 休日明けの利用は休日前でも受け付けます。土曜日のみ上大岡こどもクリニックで予約可能です。
  • 予約をとるタイミングは、受診の前後どちらでも結構です。
  • インフルエンザ流行期には、予約方法が変更になります。詳しくはご利用の際にご説明いたします。
  • 18:00以降のご予約に関しては時間外予約についてをご覧下さい。

「第4号様式」、「第5号様式」に関して

  • ご利用には必ず「第4号様式」が必要になります。「第4号様式」の発行は診察を前提としますので、お子さんをお連れにならずに「第4号様式」だけを書いてもらうことは出来ません。
  • 基本的にはかかりつけ医への受診をお勧めしていますが、上大岡こどもクリニックにて、「第4号様式」を用意することができます。ただし、ベアルーム入室前に上大岡こどもクリニックを受診する場合は、診察開始は9:00からとなっておりますので、ベアルームの入室はその後になります。ご了承ください。
  • 主治医(かかりつけ医)への受診と「第4号様式」の記入は保険診療の範囲で行われますので、医療費の一部負担が必要となる場合があります。(乳幼児医療対象の方などは負担がありません。)
  • 記入内容と当日のお子様の病状が著しいく異なる場合には、再受診をお願いしています。
  • 休日診療所や夜間急患診療所では、「第4号様式」の記入はできません。
  • 「第5号様式」は保護者の方が記載する書類です。ご利用ごとに入室1日目の朝、保育者へお渡しください。2日目以降は不要です。

持ち物 ※全ての持ち物に名前を書いてください。

  • 横浜市病児保育事業利用連絡書(「第4号様式」:かかりつけ医記入の診断書)
  • 横浜市病児保育事業利用申込書(「第5号様式」:保護者記入の利用時申請書類)
  • 昼食・おやつ・飲み物(病状に合わせたものをお願いします。市販のものでも構いません。)
    必要に応じ、粉ミルク(哺乳瓶は使い慣れているものをお持ち頂いても構いません。ベアルームにもご用意があります。)
    ※冷蔵庫・電子レンジを完備しています。食器類も用意があります。
  • 着替え上下・下着2~3組、エプロン
  • 紙おむつ(余裕を持ってご持参下さい。)、お尻拭き
  • 健康保険証・乳児医療証・母子手帳
  • 薬1回分(内容が記載された用紙やお薬手帳を必ずお持ち下さい。内容の確認ができない場合には投薬ができません。)
  • 【お問合せ電話】045-842-0420
  • メール・FAXでのお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが、お問い合わせは電話のみでお願い致します。

利用に関するお願い

  • 入室時間は8:30からとなっております。準備等があり、時間前にお越し頂いても入室は出来ませんのでご了承下さい。
  • お迎えのお時間は、厳守してくださいますようお願いします。また、お子さんの病状が著しく悪化し、集団での保育が困難と医師や看護師が判断した場合には、予定より早い時間でのお迎えをお願いすることがあります。
  • 予約のキャンセルのご連絡は、当日7:45までにお願いします。

キャンセルされる方へ

  • キャンセルの連絡は留守番電話対応にて行っています。当日朝7:45までにお願いいたします。
  • キャンセル待ちを取り消される場合も同様に、7:45までに留守番電話へお願い致します。なお、留守番電話ではご予約はお取りすることは出来ませんので、お気を付けください。
  • 留守番電話に、ID番号・お名前・キャンセルされる日にちと理由をお願いします。連続予約をされた方で予約をキャンセルする場合は、何日分をキャンセルするかを明確にお伝えてください。キャンセル日数が確認できない場合には回復とみなし、連続予約のすべてをキャンセルさせて頂きます。
  • キャンセル連絡を忘れる方が多くいらしゃいます。そのため、キャンセル待ちをされている方が利用できなくなっているのが現状です。多くの方に保育室を利用して頂くためにも、当日朝7:45までのキャンセル連絡を、3回忘れた方は、その翌日から3か月間のご予約がキャンセル待ちとさせて頂きます。

キャンセル待ちの方へ

  • 前日の18:00までにキャンセルが出なかった場合は当日の8:00以降に順番に電話連絡いたしますので宜しくお願いします。
  • キャンセル待ちの方が多い場合、実際に繰り上げとなる方は限られます。このためキャンセル待ちの人数を10人までと制限させていただきますのでご了承ください。

感染予防について

  • 感染がないよう予防はいたしますが、施設の構造上、避けられない面もあることをご理解ください。
  • ご利用をお考えの皆様には、予防接種を積極的に進めていただくようにお願いします。
  • 特別な理由がなく1歳2ヶ月を過ぎても麻疹(麻疹風疹混合)ワクチンを接種されていない方のご利用はお断りいたします。

Page Top